心理学資格

心理学資格を取るためには

心理学とは

心理学とは、誰もが日常的にあたり前のこととして行っていることの中においての、その行動や感情などのメカニズムを研究する学問です。
その内容は、個人レベルのものから社会全体のもの、神経科学につながるものや、脳のメカニズムについてなど多岐にわたります。
その中でも広く知られているカウンセリングを行うものは、臨床心理学と呼ばれる分野で、基本的なものです。
大学、大学院による心理学の資格には、大学卒の学士に与えられる認定心理士をはじめ、学校心理士、産業カウンセラーや臨床心理士などがあります。
心理学というと、人の心を読み取ることができるようになる学問であるという誤解が多くありますが、実際の学問においてはそういったものは一切ありません。
そこで扱うものは個人の抱える問題をはじめ、社会的な場においての人の行動の変化、あるいは古典的な動物実験を通した考察などとなっています。
こういった学問を専門的に学ぶには、大学や通信制の大学が適しています。
一方で専門的に学ぶまでではなくとも、生活に張りがほしい、家族や友人などとの人間関係をより豊かにしたいという場合には、カルチャーセンターや通信講座などの心理系講座を受講するという方法もあります。

 

心理学の資格を取る方法

多くの人に人気の高い心理学系の資格ですが、じつは国が認めたものは存在しません。
巷にあふれているさまざまなカウンセラーと呼ばれる人が有しているものは、すべて民間の団体などが認定したものであり、難易度も千差万別です。
臨床心理士など公益財団法人が認めるものは複数存在しますが、それらは専門課程の修士号が必要になるなど取得には制限があります。

 

そこで心理学の資格を比較的たやすく取る方法は、民間の団体や社団法人などが開講している講座を受講し、その認定試験に合格するという方法があります。
これらの講座を受講する場合は、特に学歴や年齢などは必要なく、誰でも学ぶことができます。
そこでしっかり学んで試験に合格すれば、その団体が認定するカウンセラーの名称を名乗ることができるのです。
また一つの講座を修了した人は、別の心理学系の試験を受けることもできる場合が多いので、効率良くキャリアアップにつなげられるのも特徴です。

 

このように人気の高い心理学系の資格ですが、人気が高いぶん現実社会では使い物にならない悪質なものも存在します。
せっかく受講料を支払って取得したのにもかかわらず、社会で使えないようなものでは意味がありませんので、事前に講座の情報をしっかり集めてから受講するようにしましょう。

 

心理学の役割

地震や噴火などの自然災害が急増したり、未成年者の殺害事件が多く発生したり、精神的な負担となる原因が多くなっているように思われます。
そんな中で重要な役割を担うのが心理学です。
予期しない自然災害や交通事故、殺害などで突然、家族や恋人、友人などの対象喪失により、残された遺族は悲嘆し、不安や絶望、自責の念を感じたりし、打つ状態になり、孤立したり自殺したりしてしまうなど心に深く強い打撃を受けてしまいます。
そういった遺族の心の支えとなり、大切な人の死と向き合い、社会との繋がりを持つ為の手助けをする、当事者でもなく、関係者でもなく、第三者の役割を果たすのが心理学です。

 

こうした遺族だけでなく、多くのストレスへの対処にも心理学が重要な役割を果たします。
高齢者の介護などによる心理的負担や社会からの孤立や、会社の様々なハラスメント、学校や職場でのいじめなど、本当に多くのストレッサーがあり、うつ病など精神疾患になる人が増加しています。

 

心の病になる人は子どもから大人、高齢の人までいるので、学校で子供の支援をするスクールカウンセラー、会社で働く人たちを支える産業カウンセラー、様々な相談に対応できるメンタルヘルスカウンセラーなど、利用される心理学は多岐にわたり、社会の様々な多くの人の支えとなっています。


童話集 海外バイナリーオプション ベジライフ酵素 お嬢様酵素 比較